文具・便利グッズ

Rakuten miniトライタンハードケース クリアをレビュー

スポンサーリンク

どうも、オカズのり(@okazunori_com)です。

前の記事とも関連しますがRakuten SELECTブランドのクリアケースを購入いたしました。クリアケースにはこのトライタンケースとTPUケースの2種類があります。

TPUケースというのは比較的軟らかめの素材のためスマホ本体に簡単にはめ込めます。また衝撃を和らげる効果も高いのが特徴です。ただし、長期的に使うと素材が黄ばんでくるので、長く使うと見栄えが下がってしまいます。

一方のトライタンケースですが、名前にあるトライタンとは素材の名前だそうで、透明感が高く、軽量で長く使ってもひび割れもなく耐久性にすぐれているようです。価格もTPUケースより100円高いのですが、この情報を比較した場合、トライタンケースが売れているんじゃないかと思いました。

しかし、楽天のランキングを見ると、TPUケースの方が売れています。何でかなあと疑問も持っていたところ、トライタンケースのレビューをみると、“ケースをはめた瞬間割れてしまった”という類のレビューがかなり多かったのです。

「まさか、欠陥品に近いものがあるかも。。」とも思ったのですが、長期的なことを考えるとトライタンケースの方がいいなあと思ってたのと、慎重にはめ込めば、割れないというレビューもあったので、トライタンケースを選択しました。

パッケージはいたってシンプルです。パッケージ裏にはケースのはめ方のガイドが載っています。

中身を取り出しました。厚みも薄いので、大きさもRakuten mini本体よりほんの少し大きいくらいです

パッケージ裏のガイドを見ながらはめ込んでみました。電源ボタンとボリュームボタンの穴に、はまるようしっかり確認し、はめ込んでいきます。きっちりハマったら逆サイドの部分をケースに押し込みます。先ほどのレビューで“はめ込むと割れる”との情報を前もって知っていたので、慎重にはめ込んで無事にハマりました。ケースの厚みがそんなにないので、一気に力任せにはめ込んでしまうと、割れてしまう可能性もあるかもしれないなあと思っていますが、じわりじわりと力を入れていく感じではめ込んで行けばすんなりはまるかと思います。

裏側はカメラのレンズ部分がカットされており、撮影に支障はありません。

右側サイドです。電源ボタンとボリュームボタン部分は周囲が丸く加工されているので、ボタンが押しにくくなることはありません。

下側部分です。外部接続端子とスピーカーがあるため、大幅にカットされています。落とした時、この部分に当たると傷がつく確率が高そうですね。。

こちらは上側です。写真で見ると、左側に小さな穴が空いているのですが、この部分の支障がないようにこちらも大幅にカバー部分がカットされているようです。。この小さな穴は何の役割なんですかね。。マイクとかでしょうか。

余談ですが、先に記事にしたガラスフィルム同様、製造元を確認したところ、なんとパワーサポートさんでした。パワーサポートさんはクリアケース製造で有名な会社ですね。信用のある会社で安心しました。

まとめ

“はめ込むと割れる”ということが心配でしたが、慎重に行えばとくに問題ありませんでした。素材の性質かわからないですが、ケースを装着すると滑りにくく握りやすい感じがしました。透明度も高く見栄えも悪くないです。

ケースをつけた重さはほとんど変わらないのでケース自体は相当軽いです。カメラや充電、おサイフケータイもケースを付けてても特に問題なく行うことができます。残念なところは、クリアケースの宿命というかある程度つかうと指紋が目立ってきます。。(笑)定期的にクロスで拭く必要がありますね。

価格的にも大きさの割には980円と少しお値段が張るかもですが、なによりケースをはめている安心感がありますので、Rakuten miniを所持してらっしゃる方にはオススメしたいです。ということでRakuten miniのトライタンケースの紹介でした。

スポンサーリンク

-文具・便利グッズ

© 2021 おかろぐ Powered by AFFINGER5