読書

これからブログを書く人のための文章術

スポンサーリンク

どうも、オカズのり(@okazunori_com)です。

先日、電子書籍で「武器としての書く技術」という本を一読しました。
著者はブログ界では知らない人はいないイケダハヤト氏です。

本の主な内容としては、ブログの書き方や続け方。ブログを収入化させる方法など、ブログを運営していく上でためになることがたくさん書かれています。

自分に自信を持って文章を書くということ

これは私もなかなか実践することが難しいのですが、1文引用させていただきます。

自分の言いたいことは思ったほど人には伝わらない。表現はちょっと強いくらいが良い。心からそう思うなら言い切ろう!

要は自分を考えを述べる時の語尾のあり方なのですが、一般の人はだいたい「〜だと思います。」や「〜だと考えます。」というようなニュアンスの語尾で文章を終わらせることが多いのですが、これだと人に伝わるのにはどうしても弱くなる感じになりますよね。

文章の語尾は断言すること。つまり「〜です。」、「〜である。」、「〜だ。」など強めな口調で文章を締めてみることを推奨しています。文章の終わりを断言する書き方を行うことは最初は違和感があるかもしれませんが、慣れることにより自信もつくので、意識しながら書いていきたいものです。

ブログを続けるコツは上手く文章を書かないこと

ブログ私も続きません(笑)これは自分を客観化して分析すると、文章をうまく書きたい。文章の質を高めて発信したいって思ってるからなんですね。だから文章のうまい書き方やスラスラ書ける文章術みたいな本を読んだりしてインプットのみをしてしまう。この本でウッときた引用文を紹介します。

人間なんてどうせバカ。どんなに中途半端で、未熟であれ、発信しておくべき。バカだと思われたっていい。実際、そこが自分の限界

そうなんですよね。文章術のたぐいのことを勉強して、いざブログを書いてみても、たいしてレベルは上がらない。今考えて書いている文章が今の自分の実力なんです。そう思ったらなんか気が楽になってきますよね。これからはかまえずに気楽に文章を書いていきます。

スポンサーリンク

-読書