読書

スマホは人生を変えることのできる道具

スポンサーリンク

どうも、オカズのり(@okazunori_com)です。

今回は堀江貴文さん著書の「スマホ人生戦略 お金・教養・フォロワー35の行動スキル」を一読しました。

なかなか魅力的なタイトルに惹かれたことと実際に身近にあるスマホでどのように人生の計画をたてることができるができるのかに興味をもち購入しました。

堀江さんはスマホをうまく使えば、好きなことでお金を稼いだり、多種多様なスキルを学び身に付けることもできると主張されています。

パソコンはもう必要ない!?

著者の堀江さんはいきなりこう主張しています。「えっ」と衝撃を受けましたが…
堀江さんはiPhoneの最新機種が出るたびに機種変して使用されるそうで、いわゆる最高の処理能力のスマホをずっと使用しているのと、普通の人では知らないような情報も持っているので、可能なのかなと思うのですが、それでもびっくりです。
実際にパソコンもずっと開いていないそうです。

ただ自分としてはスマホ一台だけで仕事というのはちょっと厳しいような気がします。タブレットである「iPad Pro」がパソコンの代わりにならないかなあっと思ったりしていたのですが、ネットで色々情報を見る限り、まだまだパソコンと同等のような使い方はできないなと感じています。
まあ仕事柄のことだったりもあるのですが…

スマートフォンもある程度成熟して形になったデバイスだとは思うのですが、これから先、進化するのは当たり前ですし、今までよりも加速的に進化していくことでしょう。
そうなった場合、本当にパソコンがなくなる日も来るのかもしれません。

やりたいことはすべてやってみる

堀江さんの有名な著書に「多動力」という本があります。
今まで専門知識のある人に教えてもらって長い時間かかっていた、いわゆる職人的なこともスマホがあれば短時間で学ぶことができるので、やりたいこと、興味があることは複数マスターすることが可能になります。いくつものスキルを掛け合わせることによって自分オリジナルの強みが強化され一目置かれる人材になりえます。

個人だって、ひとつの分野でしか通用しないスキルにこだわっていてはダメだ。逆に言うと、ひとつの分野でしか通用しないスキルなど、もう存在しない。数多くの経験と情報を脳内に採り入れ、Googleのように、それらを柔軟につなげて新しいスキルをつくれる人こそが、これから求められる人材だ。

この本でも興味があることはスマホを使って色々とやってみることを主張されています。まさに「多動力」を持っている人材がこれからの社会に必要になるのでしょう。

これからは個の価値を生かす時代

これから売るものは「モノ」ではなく「個人の価値」になる。個人の価値はひたすら遊ぶことによって生まれていくのだ。

年功序列や終身雇用も崩壊、単純な労働作業もAIに取って代わっていきます。
これからは「個」のオリジナリティがなければ、人生を生き残れなくなるかもしれません。

先日、あんちゃさん著書の「アソビくるう人生をきみに。」を読んで記事にしましたが、あんちゃさんも自分が書いた本で「好きじゃないことで仕事をし続けるのはこの先危険だ」と主張していました。

堀江さんの本でこのことを学ぶつもりはなかったのですが、この本を読んで一番為になったことも「好きなことをやる」ということでした。
まさか両者から同じことを学ぶとは思いませんでしたね。不思議なものです。

あらゆる「好きなこと」を始めて楽しんでネットで発信し、これからの時代を生きぬきましょう!

スポンサーリンク

-読書

© 2020 おかろぐ Powered by AFFINGER5