読書

やりたいことを続けることに努力はいらない

スポンサーリンク

どうも、オカズのり(@okazunori_com)です。

やりたいことを始めたいけど続くかわからないとか、実際始めてみたけど続かないって人いると思うんですよね。僕も今、読書とブログを書くことを毎日続けようと日々葛藤しています(笑)

そういうことを考えながら色々と調べるうちに「習慣」というキーワードにたどり着きました。「習慣」というのは、まあ、気づいたら毎日やっていて、やらずにはいられない行動ですよね。

今回は習慣というジャンルの中から定評のある小さな習慣という本を一読しました。

無意識な行動が習慣になるということ

著者のスティーヴン・ガイズは、腕立て伏せだったら1日1回、読書だったら、1日2ページ読んでみることから始めてみたらよいと主張しています。とりあえず小さな目標をたてて行動できれば、目標達成というわけです。

意識するのは、目標達成することではなく、継続すること。意識してではなく、無意識にやってしまうところまで自分を持っていくことが重要なんですよね。

目標を小さくすることによって気分も楽ですよね。もし、もうちょっと続けてみたいと思えるようなものであれば、さらに行動するのもありですし。

マインドフルネスというスキルを身につける

この本を読んでいて、マインドフルネスというキーワードに興味を持ちました。マインドフルネスとは、今、現在のことに集中する状態のことで、瞑想を用いたりして実践します。過去のことだったり将来のことを考えてしまうと不安やストレスになるので、今を考え、無の状態になることで、リラックスすることができるそうです。著者はこの本でマインドフルネスのことでこう語っています。

人が身につけられる重要なスキルのひとつは、マインドフルネスと呼ばれる「気づき」です。これは、自分の思考や行動に意識を集中できることを意味します。それができるかどうかで、目的を持って生きるか、形だけの行動ですませるかの違いが生まれます。

この引用を読んで、マインドフルネスを身につけることによって大げさかもしれないですが、人生を変える分岐点になるのではないかと感じています。マインドフルネスについての学習もこれから先やっていければと考えています。

何かやり続けてみたいことがあれば、読んで欲しい本

勉強でも筋トレでも何かやり続けてみたいと思っている人は一度、この本を読んでみることをお勧めします。気合いがあればやり続けることができる!って人はお勧めしませんが、このようなやり方があるってことを知ることだけでも読む価値があります。

スポンサーリンク

-読書