読書

整理することは楽しむこと

スポンサーリンク

どうも、オカズのり(@okazunori_com)です。

本日は小山龍介さん著書の「整理HACKS!」を一読しました。僕は片付けや整理整頓が苦手なこともあり、こういったジャンルに興味を持っていたところ、この本にめぐり合いました。2009年発行と10年以上も前の本ですが、今でも参考になることがあるので紹介します。

整理できる人はデザイナーである

この本でピンっときた引用文はこちらです。

きちんと整理ができる人というのは、整理というプロセスを美しく設計できる、優れたデザイナーでもあるのです。
「退屈な整理という作業をどれだけクリエイティブに、楽しく変えていけるか」ということが仕事や人生のクリエイティビティや楽しさに繋がっていく

普通、整理するってわずらわしく、めんどくさくって敬遠がちですよね。僕はモノ作り的なことが好きなので、このように思考を変えることで何か整理というものが面白そうな物に見えてきました。

この本は単純に書類やパソコンのファイル、机の上などの整理から思考や人脈の整理という一風変わったジャンルまで学ぶことができます。

勉強するのも整理すること

この本では、一晩寝ることによって脳の中で言語整理が行われて、だんだん言語理解が深まると書いてあります。つまり、インプットするなら夜の時間帯が良いということ。逆にアウトプットは、頭の中がすっきりしている朝の時間帯が良いそうです。
人それぞれですので、このやり方が合うのかはわかりませんが、せっかく出会った本なので、実践していきたいですね。

スポンサーリンク

-読書