読書

ちきりんさんは真っ直ぐな人

スポンサーリンク

どうも、オカズのり(@okazunori_com)です。

本日はちきりんさん著の「自分メディア」はこう作る!という本を一読しました。

ちきりんさんはブログをやっている方ならご存知の方が多いかと思います。私は恥ずかしながら名前は知っていたのですが、ブログ自体はそんなに見た事がなく。。

本の副題に大人気ブログの超戦略的運営記と書かれており、ブログをやる時には読んでおいた方がいいかも。と思い購入していました。それから月日が数年経ってからの読み始めです。ブログ始めるのに何年かかってんだ!自分に活を入れて頑張ります。。はい。

こちらの本の内容は「裏を知る」編と「表を知る」2つに分かれています。「裏を知る」編というのは、ブログを始めた頃からブレークし、今に至る経緯やこれからのちきりんさんの考えていることが記されてあります。ブログ運営に関する考え方も知れるので私にはかなり為になりました。

一方「表を知る」編はちきりんさんのブログの中で好評だった記事をいくつか読むことができます。好きなアーティストのベストCDのようなもので、私の方に名前は知っていてもどのようなブログを書かれているか知らない人にはちきりんさんのブログを知るにはうってつけの本でした。

自分の考えを述べる

「表を知る」を読むことによって、ちきりんさんは主に、色々な社会事情や生き方について自分の考えに基づいて記事にしているというイメージでした。

ちきりんさんのブログ記事を読んだことのない自分には失礼かもしれないですが、余り期待していない本でしたが意外でした。読み終えてちきりんさんは頭が非常に良い方というのは感じました。ちきりんさんはこの本で文章を書く時はこのような考え方で書くことを言っています。

ブログを書く時も、「何を書くか」ではなく「今日は何を伝えようか」が最初に決まります。

物事に対して「なぜ?」と疑問をもつことは大事なんだと感じました。しかし、自分のような凡人では、なかなかちきりんさんのような思考を持つのは難しいですね(笑)ちきりんさんのような文章を書くのは現状到底無理ですが、何事にも疑問をもって考えをアウトプットすることを意識したいです。

文章が面白い。

ちきりんさんはものすごく頭の良い方です。
最初にブログ記事を読んだ時、引き込まれていきました。ちきりんさん自身は文章自体は上手くないといっていますが、構成に時間をかけているので、文章が面白く、全く興味のなかった分野のこともわかりやすく伝えてくれるので、為になります。

ちきりんさんは社会や生き方のことを独自で述べているのですが、人気が出始めてから、炎上してしまうことも色々あるようです。ジャンル的にも、賛否両論なものになるので、有名になるとそういったことも避けられないというか、宿命になっちゃいますね。炎上というとマイナスなイメージですが、炎上することでさらに人気に拍車がかかることもあるので。

炎上するのも試練だし乗り越えればさらに上を目指せるという考え方もあるし、炎上したら収拾つかなくなってしまいメンタル的にもやられてしまうということもあるので、こればかりはどちらがいいとはいえないですね。。運のような気もします。まあこんな考え方だと自分の考えを述べてないということなので、私は文章を書くというかコンテンツの面白さもなく失格ということでしょう(笑)

習慣は大事

こんなに文章が上手いのでさぞかし昔から書いていたんだろうなと思っていましたが、案の定でした。

日記を書くことは私にとって、小学校5年生から続けてきたごく日常的な習慣であり、仕事でもビジネスでもないからです。

何事も続けることは大事ですね。ここでも“習慣”という言葉が出てきましたが、習慣にすること何か一つでも行いたいですね。またちきりんさんはこんな風にも言っています。

一歩を踏み出すんです。そして、その次もまた一歩を。それを続ければ、どこかにたどり着きます。

結果を出している方からこういったメッセージを伝えてもらえるってすごく力になると思うんですね。なんでもいいから続けていけば、大げさかもしれないけど、人生変わるような気がします。この文章を見ている人がいたら、一緒に頑張りましょうと言いたいですね。

人気ブログになるかもしれないコツの1つ

ちきりんさんは人気のあるブログではなく、わかりあえる読者が集まるブログを目標に置いていますし、こう言った人気ブログを運営すれば外から色々なお話もあるようですが、自分に必要と思わない限りはお断りされています。ブログのマネタイズも増やしたいとは思っていない。つまりお金儲け的なことも興味がないそうです。自分のブログに共感を持ってくれる人が増えればそれでいいということ。自分の母艦であるブログを大事にしていることが人気ブログになるコツの1つだと感じました。

まとめ

先にも書いた通り、正直、期待してはいない本でしたが、大変面白かったし、色々と考えさせられる1冊でした。自分の考えを述べること、流行りのジャンルだからといってシフトして変に人気を稼ごうと思わないこと、芯を持つこと。そのようなことを考えながら、これからもコツコツをブログを書き続けていきたいと思います。

スポンサーリンク

-読書

© 2021 おかろぐ Powered by AFFINGER5