読書

iphoneは色々と考えてしまう人の相棒になれるデバイス

スポンサーリンク

どうも、オカズのり(@okazunori_com)です。

本日は「iPhone情報整理術」という本を読みました。

この本も古く10年以上前の本です。このころでていたiPhoneは4になりますかね。この頃からこのような色々な工夫を実践していることに驚きです。
かなり年月が経っているので情報が古くなっているものもありますが、まだまだ役立つものもありました。

ウェブで調べ物をしたり、カレンダーやメモアプリなどを駆使してシステム手帳の代わりとしたりと為になることが色々ありました。

iPhoneはGTDアプリが豊富

先日、「うつ」とよりそう仕事術を読んだ記事を書いたのですが、その中でGTDという生産性の向上を助ける方法を利用して仕事の効率化を上げるやり方を紹介されています。GTDを行う事によってストレスもかなり軽減されるそうです。この本ではGTDの色々なアプリを扱っていて仕事別に対してのオススメGTDアプリも紹介しています。
GTDのことを続けて知る事になり、なんだか不思議な感じですが、これはGTDのことを勉強しろというお達しなのかもしれません(笑)

手帳はモレスキン?

どうでもいい余談になるのですが、こういった仕事が早い方々というのは、必ずといっていいほどモレスキン製の手帳を使っていますね(笑)
iPhoneには向いていなくアナログ手帳を利用する事で向いている事もあるので併用していくことをオススメしています。この本でもやはりモレスキンを推されていますね。

amazonでも取り扱われているのですが、ちょいと値段が高いです。(笑)
紙ざわりも良く書きやすくカバーの質感もいいとよく聞くので値段相応ではありますよね。本に載っている愛用品をみると購買意欲が湧きます(笑)

まとめ

先にも書いた通り発行が古い本なので、今更感は否めないのですが、GTDのアプリのことを知れたのは、私にとってはいい情報を収穫することができました。

スポンサーリンク

-読書