読書

早起きの読書は早死する!

スポンサーリンク

アローンエンジョイライフィストのオカズのり(@okazunori_com)です。

英オックスフォード大学の睡眠・概日リズム神経科学研究所の名誉研究員、ポール・ケリー博士の研究結果によると、早起きは相当体に悪いということだ。
全ての年代で午前6時よりも前に起きることはありえないことだそうだ。
起床時間は青年期(15~30歳)であれば朝9時、壮年期・中年期(31~64歳)なら8時、高年期(65歳以上)だと7時がベストらしい。

起床時間が6時より前の人は、心筋梗塞や脳卒中などの発症リスクが最大で約4割、糖尿病やうつ病といったその他の病気に関しても2~3割高くなるそうで、その多くが重篤化しやすいという結果が出たということ。

ビジネス書の読書術の本「レバレッジ・リーディング」の著者、本田直之さんや新「ビジネス書」のトリセツの著書、水野俊哉さんは共に、朝5時代台から活動している。
それに感化された私も早起きで読書をしようと考えたが、この結果を見て、今、朝9時半にブログを書いています(笑)

スポンサーリンク

-読書