読書

モノがあふれて片付けられない人は好きなことをやれていない

スポンサーリンク

どうも、オカズのり(@okazunori_com)です。

先日メンタリストDaiGoさん著書の「人生を思い通りに操る 片づけの心理法則」を読み終えました。
この本のコンセプトは「片づけることによって、人生を最大化し、幸福を手に入れる」です。
読み終えて”これからの幸せになるための生き方”の模索のようなものを考えたので、記事にしたいと思います。

自分の将来のことを考えてみる

モノがあふれて片付けられないあなた、幸せですか?好きなことはやっていますか?
この質問に『はい」と答えられる人は少ないでしょう。

理由としては、“お金を払ってモノを買うことでストレスを発散しているから”これに尽きると思います。
好きなことをやっている時間が多ければストレスを抱える割合も少なくなります。
好きなことばかり考えているので、たくさんのモノを買う行為に走りません。
モノを買うとしても自分の好きなことに関連するモノ、さらに厳選されたモノでしょう。

ストレスを解消するのが“あらゆるモノを買う”こと、その思いが強ければ強いほど、自分の人生に黄色信号が灯っているかもしれません。
「今流行っているからちょっと買ってみよう」
「後々使ってみたいモノだから買ってみよう」
考えているようで何も考えずにモノを買っているわけです。

一度、自分の人生について見つめてみましょう。
わりと真剣に真面目に考えてみましょう
「自分はどうなりたいのか」考えてみましょう。
なりたい自分にすべてが慣れるとは限りませんが、少しでも近づいているでしょうか?
答えにかなりの違和感がでてきているなら、自分の未来に対する環境の変化(転職や人間関係の新たな出会い)を真剣に考えてみてください。

自分の変えたければまず「片づけ」をはじめる

今、仕事や人間関係で違和感があると感じているなら、まず「片づけ」をはじめましょう。
ひと昔前、片付けブームがありましたよね。
火付け役となったのはこんまりさん著書の「人生がときめく片づけの魔法」でした。
モノを捨てる捨てない基準にそのものにときめくかときめかないかで判断するということでした。
DaiGoさんの本でも基本的には考え方が同じで、自分にとって本当に必要かどうかなものが基準になっています。

片付けで一番難しいことは実際に行動するかどうかです。
この本からの引用文です。

基本的に、人間は失うこと、何かをなくすことに苦痛を感じます。

モノがたくさんあることによって、安心してしまうというか、守られているというか、そんな気分になりませんか?
私も実際そう感じたりします。
ただ、この本を読み終えて感じたことは、あらゆるモノを所持していることにより集中が分散されてしまうことです。「あの本は読んでいないけど、自分にとって興味があるし、いずれ読むからとっておかなきゃ」「これは後でゆっくり楽しむために買ったモノだからとっておこう」といろんなモノに興味を持つことによって、「自分にとって本当に大事なことはなんなのか?」と考えることを見失ってしまいます。
自分のやりたかったこと、なりたかったことからどんどん離れていきます。

これって「自分のことを本当に好きなのか」って自問自答したくなってきませんか?

実際にモノを手放せるキッカケになれる引用文を紹介します。

必要になるかもしれないから残しておく。とは結局のところ、不要なものを環境に選ばされているだけです。
環境に選ばされている人は、自分で意思決定ができないということですから、まわりに流される人生を送ることになります。

結構、突き刺さる一文ですよね。
モノを実際処分することによって、自分にとって必要なもの、そうでないものと判断した考え方を身につけることができます。
そうなれば、この考え方は自分のことにも置き換え始めます。仕事や人間関係にも自分にとって必要なこと、いらないことを判断していくことになるでしょう。
モノを処分することは決断力がいりますが、実行してみましょう。
この本でモノを処分できる引用文をさらに紹介します。

捨てられないモノがたくさんある場合には、それらを全部まとめて処分したと考えてみましょう。
そして、「このうち、買い直すのはどれか?」と自問するようにします。

自分自身どうなりたいかがわかってきたら、モノをみて、「これはいらないな」という判断がつきます。そうなれば自分の部屋全体を見てください。
自分に必要ないモノがかなりの確率で見えてくるのではないでしょうか。

あとは行動するだけです。
人間いつか死にます。一度の人生です。
後悔しない人生を送るためにもまずは「片づけ」をはじめてみませんか。

スポンサーリンク

-読書

© 2020 おかろぐ Powered by AFFINGER5